第二章 情報選びの真実(1) 方法選びで差がつく不動産投資(2)

億万長者の入門書
スポンサーリンク

一軒目の適切な投資が成功のスピードを高める。

今回の記事のまずはじめに、 私は無類の不動産好きであることを理解していただきたい 。

前記事に登場したステータスのある高級アパートも いつか所有してみたいと思うのです。

(どうして? 恐ろしい!ダメだ!)って言ってたじゃないですか。 という声が聞こえてきそうです。

確かにこのタイプの物件は初期の方には向きません。

ですが、やっぱり所有できれば何と言っても、かっこいいじゃないですか!

ステータスがありますよ。

投資が既に成功している方や、 資金に余裕の ある方なら、 持ちたい物件の一つです。

一棟ビルもそんな投資家の憧れる物件の一つです。

一等地に建つビルにも必ず所有者がいます 。

誰かが所有しているのです。

ということは自分も頑張れば所有できるということにもなります。

単純に憧れます、いつか手に入れたい。そんな日が来ることを望んでいます。

その他、物件には、ホテル、 一棟マンション、 テナントビル などなど、 多種多様な物件が存在します。

私は全てのものに興味があります。

だってですよ 。所有して 運用できていれば どれもかっこいいじゃないですか。

憧れますよ、 不動産王になりたい!

投資家であればみんなそういう夢は持つものです。

まあ私の話はここまでにしておきましょう 。

それでは買い手の状況を考えた時、どうなのかということを話していきたいと思います。

スポンサーリンク

上記の物件では 初期の方ではまず成功することは難しいでしょう。

ここで大切なのは 初期投資に 導入する物件として成り立つのか?

この一点になります。

上記の物件のように ステータス、 所有する喜び、 そういう分野での成功ではかなりのものではありますが、 初期の方は まだそういうものは必要ありません。

必要な考え方は あなたが用意した大切なお金で、いかに融資を受けず、かつ有効に投資資産を増やしていく最初の手立てになる物件なのか?

それに尽きると思います 。

逆に言えば 最初に買う物件と考えた時にボロ戸建て物件しか買えないということも言えます。

しかしながらまれに 十数億の借金をして 一等マンションを何棟も持っている、 私の友人のような人もいます。

元々私がアドバイスをした一人ではありますが、 彼は かなりの強者に成長しました 。

こんな方は珍しく 一般の方は参考にできないでしょう。

元々会社経営者でもありますから 入金力が半端なく得られる方なのです 。

話を戻します。

初心者で、資金が限られているという条件では、私は中古ボロ戸建の一択だと思います。

メリットはとにかく最安物件の分野でなので、現金購入が可能なこと 、 リフォームが容易であること、 自宅転用できること、 です

デメリットは、投資としては爆発力がないということ これがほぼ全てです。

あと物件選択の際に一定の目利きが必要になります 。(後の回でも説明します)

次回、さらに詳しく説明しましょう。

カッツ師匠のプロフィール

カッツ工務店(仮名)代表者 大阪府在住 5?歳 倉庫1軒 戸建て16戸 アパート4軒24戸 駐車場5台  不動産投資歴17年 自宅100坪 乗用車3台 特許2件

つづく 第2章 情報選びの真実 私が中古戸建てを選ぶ4の理由 | カッツ師匠の 二人は大工 (osakabase.com)

コメント

タイトルとURLをコピーしました