第二章 情報選びの真実(2) 私が格安ボロ戸建てを選ぶ4の理由

億万長者の入門書
スポンサーリンク

私は、格安ボロ戸建を迷わず買っていた

購入価格を最大限に抑えることができる。

カッツ夫妻でもゼロ円から200万円までの物件が大半を占めています。

一定の目利きも必要ですが、もし仮に失敗に終わったとしても融資を受けずに購入する考え方なので、ダメージが少ないということ、 それが最大のメリットです。

買った値段くらいでは、売れるという事実。

不動産である以上、私のような投資家が狙っている点で買った値段ぐらいではリセールできる可能性が比較的高いということ。 競合が少ないとはいえ ここを主戦場にしている投資家がいるという事実があるのです。

セルフリフォームの技術磨きに至っては、秀逸なのです。

セルフリフォームに向いているということ。( セルフリフォームについては後々ブログ内で一緒に勉強していきましょう。)

格安の物件は、基本、小さなおうちが多い。ゆえに、素人大家さんの手に余るほどの物件ではないのです。

工夫とセンスのためされる、完成したら愛おしくなる。そんな物件つくりを目指しましょう。

カッツ師匠の職業は大工さんです。もともと、ものづくりが好きで、サラリーマンから転職して、大工の親方に弟子入りしました。

中古戸建てをリフォームすることは、カッツ師匠にとって、楽しみでしかなったのです。

D.I.Yが、好きな方なら、楽しみながらできますし、やればやるほど、上達しますよ。

住めば都、最強自宅転用戦法!

自宅転用できるということ。(複数戸持てば、自分用のオフィスもできる。)

不動産投資の最大の魅力は なんといっても家賃収入を 得るということです。

私も初めて大家さんデビューをした時のことは、今でも忘れられません。

最高に嬉しかったです。

ですが初期の一手としては自分が住むということも選択肢のひとつです。

そして住みながらセルフリフォームをする。

元々賃貸に住んでいた方なら、 単純に家賃が浮いてきます。

スポンサーリンク

(第一章 覚悟を決める。)の資質の話しでの、 月々5万円程度預貯金できる方なら、 その5万円プラス家賃、 仮に家賃が5万円であれば すなわち合計10万円程度月々預貯金ができるということになってきます。

時間はかかりますが 次の物件に向けて再スタートを切る。

2件目購入までには 2、3年かかることとなりますが 次回の投資では購入した物件を貸しに出すか 今住んでいる家を住みながらリフォームして満足いく形で お客様に提供するか、 これが自宅転用しながら 所有不動産を増やしていく、 私がよく言う自宅転用戦法の基本形です。

実を言いますと 私も初期の物件はこのようにして 増やしていきました。

カッツ夫妻の列伝には登場していませんが、 一軒目の前に自宅を住みながらリフォームした 0件目が存在しているのです。

中古戸建は今すぐ儲かるという夢のような投資を方法ではありません。 しかも初期の頃では不労所得とは程遠いものです 。

しかし努力なしに成功の道はありません。

地道にこの作業を繰り返すしかないのです。

時間と労働力を使う大変な作業になりますが、 別前でも4軒所有を目指して頑張ろうと言っているように 4件ぐらいから急に生活が楽になり始めます。

ですので ぜひ頑張って欲しい そう私は切に思うのです。

そこまで行けば 投資の目を戸建以外にも向けても良いのではないでしょうか。

ここで結論 私のアドバイスは こうです。

初期は何と言っても中古戸建てが良い。             

カッツ師匠のプロフィール

カッツ工務店(仮名)代表者 大阪府在住 5?歳 倉庫1軒 戸建て16戸 アパート4軒24戸 駐車場5台  不動産投資歴17年 自宅100坪 乗用車3台 特許2件

つづく 初心者必見!全てを握る、購入不動産業者選び。 | カッツ師匠の 二人は大工 (osakabase.com)

コメント

タイトルとURLをコピーしました