第2章 情報選びの真実(3)全てを握る、購入不動産業者選び。

億万長者の入門書

ここまで私のブログを読み進めてくださっている方なら相当不動産投資に興味のある方であろうと思います。

第1章の覚悟を決めるのお話を読んで納得できている方なら本当にスタートを切れる数少ない方でしょう。

スポンサーリンク

前回中古戸建て投資が 初心者に向いていると、お話ししました。

初心者に向いている方法とはいえ、 不動産投資を始める資質のある方、その上で覚悟のある方限定 の投資方法なのです。

厳選された方が厳選された方法で成功のプロセスを駆け上がっていくそんな投資方法なので成功している方はプロ中のプロとも言えます。

それでは プロでしか 成功できないのでしょうか。

いえそうではありません 。

カッツ夫妻は素人中の素人ですが 成功の道を駆け上がっていきます 。

それではなぜ素人中の素人のカッツ夫妻が成功できたのでしょうか。

それは偶然でしたが プロを相手に投資をしなかった。

これに尽きます。

当時、中古戸建てをメインに不動産投資をしている投資家は非常にまれで少なかったと言えます。

プロは、一棟アパート、一棟マンション、などの一般の人が考えても 当たり前のもの、 そりゃそうだろ、 という物件を主戦場にしていました。

ですからカッツ夫妻は楽々と良い格安物件戸建てを手に入れていきました。

当時から 収益不動産専門サイトはありましたが、 不動産投資列伝4でも書いた通り。

 その時初めて 自分たち夫婦が不動産投資をしている自覚をしたぐらいなので、購入に関しては、約10件ほどまで チラシや町の不動産屋さん、もしくは売主様直接 からの購入で投資サイトの存在すら知りませんでした。

その後は アットホームやライフルホームズなどの収益メインでないネットサイト、 もしくは地元で展開している大手不動産業者さんとも取引をすることになっていきますが、初期は特に地元の小さな 不動産業者さんからの購入が メインでした。

さらに 特筆すべき点は カッツ夫妻は 未だに一軒も収益不動産サイトで物件を購入したことがないということです。( 2021年7月現在)

現在所有しているいっとうアパート 4件ですら売主様直接か 街の不動産屋さんから全て購入しています。

収益不動産専門サイトから買おうと試みたことはありますが、、、。

しかし前項でお話しした通り、売主様が Pro もしくは売主様が収益不動産専門業者様 なので、素人のカッツ夫妻がちょっと色気を出して小粋な物件にアクセスしても、 資金、利回りの面で 魅力的な物件でない、今まで購入してきた物件に比べると、 リノベーションに向かない物件ばかりになるので、 大工技術向上のために購入を決めていたカッツ夫妻には あまり魅力的に映りませんでした。

サイトの奥には プロの投資家がいるのですから 余計にそう映るのです。

話は変わりますが、 初期のころカッツ夫妻が街の不動産屋さんから購入していて よく言われた言葉があります。

スポンサーリンク

( 買ってくれません?) 購入するというモチベーションの高さが不動産屋さんに伝わっていたのでしょう。

規模の小さい業者同士なので そうゆう 仲間うちの取引、 というような展開になることも しばしばありました。

早く売りたいとか 売却に困っている売主さんも 結構います。

そんなとき困ったときのカッツさん! てな感じでしょうか。

とんでもない物件も何件か買わされました。

目利きもなかったですから仕方ありません。

ここで結論!

出来れば地元の不動産業者さんから良い情報を得る。

地元で展開している大手不動産業者も悪くはない。

サイトで探すならアットホームもしくはライフルホームズなど が良いでしょう。

売り土地 古家付き も視野に入れて探す。

もしくは 地元で家の売り看板から連絡をしてみる。

裏技は ジモティーなどのアプリで探す。

これは少し上級者向きです。 トラブルに注意する必要があるということです。 密にしている司法書士さんがいると 安心です。

投資家として入金力資金力がついてくれば大型投資が可能な収益不動産専門サイトで 投資家が持つにふさわしい物件を探すのも良いでしょう。

中古戸建不動産投資では適切な不動産業者さんを選ぶことが非常に大切になります。

参考になりましたでしょうか。

次回は、借主様に強い賃貸不動産業者につてお話ししたいと思います。

カッツ師匠のプロフィール

カッツ工務店(仮名)代表者 大阪府在住 5?歳 倉庫1軒 戸建て16戸 アパート4軒24戸 駐車場5台  不動産投資歴17年 自宅100坪 乗用車3台 特許2件

独断と偏見による 私が不動産投資に向いていると思う人。 | カッツ師匠の 二人は大工 (osakabase.com)

コメント

タイトルとURLをコピーしました