不動産投資列伝1 ボロ戸建リフォームで偶然、イノベーションが起こることもある。気付いたら大家さん

不動産投資列伝

2021.9.20更新

スポンサーリンク

ふつうは、何もしなければ、イノベーションは起こりません。不動産を必要以上に怖がらない事が重要だと、私は考えてます。
ボロ戸建てリフォーム1軒目(B町テラスハウス1)の話。(地の利)3点

2021.9.3 更新

2004年当時、私は大工(業)がかなり忙しくなって、色々なこと(営業、見積り、施工、請求書)を、ほぼ一人でこなすスタイルには限界を感じていたころでした。

収入はそこそこあったが、忙しい割には儲かってない、そんな経営状況だった。

ふつうそうなれば、考えることはみんな同じで、もっと売り上げを増やそう。そして従業員も増やそう。と、なるのだ。

師匠(よし!嫁の手借りる戦法、採用!)(バイト一人雇ってO,K!)

いけるのそれで?、、(心の声)

その後、売上あがって忙しくなる。(やったー!)

経費かかって儲け減る。(どないなってんねん。)

うまい事いかんのよね。

話は変わるが、当時の私の夢は、大工になって立派な自分の家を建てて嫁さんに(カッツ君と結婚してよかったと思わしたい。ええ服買ってあげたい、ええ車乗せてあげたいなどなど。

いつか、大きな工務店の社長になって、すごいと思われたい。(嫁に)

そう思って大工になったのに、、、

嫁は、作業服(ええ服?)着て足場に登り、今では立派な作業員(スゲー!)廃材積んだ軽トラ(ええ車?)を運転してる。

ちがうでー、ちがうよー。こんなんちがう!

夢の大工が、大苦になってもうてるやん!

それでもやるしかない。事業大きくするのだ。と頑張っていたのです。

そして、カッツ師匠と、嫁、そして見習い君、弱小工務店完成!

嫁と見習い君は初心者レベル。二人を連れて、お客様のところに行くのは絶対無理、結局のところ僕しか重要なこと出来へんやん。

師匠の考えた最初の一手は、技術の向上と宣伝

スポンサーリンク

(そや、決めた!近所の安いボロ戸建て買って、びしっと直して売ったろ!)

(見習い君も練習になるし、買った値段よりは、高く売れるやろうし!)

(ファームで鍛えてから、メジャーデビューって感じやね。)

お金も不動産も同じ!お金=不動産

カッツ師匠

その後、仕事の本筋は、お客様の家のリフォームや増改築。

隙間の時間や、仕事のない日は、ボロ戸建て(自宅の近所、220万円でテラスハウス購入)修全。

半年ほどしたら。ボロ戸建てもきれいに完成(修全費約50万)!

カッツ
カッツ

よし!売ってもうたろ!

って思って計画してたら、

見習い君
見習い君

師匠、この家なんぼやったら、貸してくれますの?

カッツ
カッツ

おまえかりてくれるつもりなん?

見習い君
見習い君

ちょっと興味あって

カッツ
カッツ

貸したことないから知らんわ、2万くらいか?

見習い君
見習い君

2万やったら即借りて付きますわ、5万くらいいけるちゃいます?

カッツ
カッツ

まじか?

まじです。

カッツ
カッツ

ホンなら、5万で借りてくれる?

見習い君
見習い君

いいえ、かりません

カッツ
カッツ

なんでやねん!ほんならなんで聞いてん?

ちょっと興味あったから

カッツ
カッツ

なんやそれ!まーええわ。 それでも一回貸してから売ってもええなぁ!

お金の利子は小 不動産の家賃は大

カッツ師匠

その分プラスと考え、知り合いの不動産屋に聞いてみた。

たまに仕事もらってる、えーえーハウス(仮名)に依頼した。

そして約3か月後の2005年5月中頃、今もよく覚えているよく晴れた日の現場仕事中、ガラケーの携帯に連絡がきた。

カッツ
カッツ

ハイ!カッツ師匠です。(よそ行きの声)え!ホンマですか!いーです、いーです!それで進めてください。ありがとうございます。

電話を切ったあと僕は小さくガッツポーズ!

足場の上から嫁が

嫁

なんの電話?

カッツ
カッツ

ほら、リフォームしたあの家、入る人きまってん!5000円値引きされて、45000円やけどな!

嫁

えー!すごーい!やったやん!カッツ君、大家さんデビューやね。

作業服姿の嫁の笑顔が、かわいかった。

いつの間にか、不動産投資のスタート。

偶然、イノベーションが、起こることもあるのです。

物件評価(売り主)▲(利)〇(状)▲(価)▲(リ)✕  要検討

          カッツ師匠の一人は大工と嫁と見習い君

参考記事

成功するための不動産選別 5のポイントその2 | カッツ師匠の 二人は大工 (osakabase.com)

不動産投資列伝2

不動産投資(師匠実践済み)格安物件は、最初から格安でなかったりするのです。 | カッツ師匠の 二人は大工 (osakabase.com)

コメント

タイトルとURLをコピーしました